fbpx

SHARING ECONOMY

WALL SHARE

ー価値の無かった『壁』から新しい経済価値を創るー

落書きの概念を180°覆す

『空き壁』×『アート』
から創る新たな企業ブランディング

世の中に溢れかえっている「使っていない壁」「落書き」「シャッター街」を別の視点から有効活用し、価値を見出さなかった「空き壁」から新しい企業ブランディングを創出します。

詳細資料

アート(落書き)は犯罪?

「アート」と「落書き」の違いはどこから生まれ、何を基準に判断しているのだろうか。 街を歩けば雑多に描かれたアート、謂わゆる”落書き”が目に入り、日本ではそれを”刑法”で処罰される。

それって本当に真実なのだろうか?

日本

doubt

”国を跨げば
価値観は大きく変わる”

アートが社会に浸透している西洋諸国では、落書きはアートと化し観光地化されている。多くの人々がその”アート”を目指し、現地へ足を実際に運ぶような経済が成立している。

この経済圏を上手く活用できないだろうか?

アート(落書き)は観光地化

海外

WALL SHAREとは?

空き壁、落書きがある壁を利活用するシェアリングエコノミー。

「壁」×「企業」×「アート」を繋ぎ、価値の無かった「壁」から新しい経済価値を創ります。

価値のなかった壁から、
新しい経済価値を創出する​

使っていない「壁」「落書き」を別の視点から有効活用し、価値を見出さなかった「空き壁」から新しい経済価値を創出します。

壁主 / 広告主 / アーティスト
によるシェアリングエコノミー​

ユーザーがSNSへ投稿しやすいアート広告を制作。結果、広告主は長期に渡り自社のブランドを波及することができます。

アートの力で人々を集い、
地域の活性化を促す

「アート」を目掛けて人々が足を運ぶきっかけを創出し、地域の活性化への導線作りを展開します。

WALL SHARE図解

Media実績

CONTACT

詳細資料&問い合わせ