SHARING ECONOMY

WALL SHARE

ー価値の無かった「壁」から新しい経済価値を創るー

WALL SHAREとは?

空き壁や、既に落書きがある壁を利活用する日本初のシェアリングエコノミーです

「壁」×「アート」×「広告」を繋ぎ、価値の無かった「壁」から新しい経済価値を創ります。

価値のなかった壁から、 新しい経済価値を創出する

  • 使っていない壁」「落書き」を別の視点から有効活用し、価値を見出さなかった「空き壁」から新しい経済価値を創出します。

壁主 / 広告主 / アーティストによるシェアリングエコノミー​

  • ユーザーが撮影した写真をSNSへ高確率で投稿しやすいアート広告を制作します。結果、広告主は長期に渡り自社のブランド及びサービスを波及することができます。

アートの力で人々を集い、 地域の活性化を促す​

  • 「アート」を目掛けて人々が足を運ぶきっかけを創出し、地域の活性化への導線作りを展開します。

シェアリングエコノミー

壁主

「使っていない壁」「既に落書きがある壁」を有効活用し、定期的に報酬が入る仕組みを提供します。

アーティスト

従来だと「落書き」と称され犯罪と科されていたものを、ウォールシェアを通して価値あるアートへと変換させます。

広告主

撮影した写真が投稿されやすいアート広告を制作することで、自社ブランドを長期に渡り波及することが期待できます。

パートナー企業さま