ニュース

あべのハルカス近鉄本店に設置されるコミュニティスペース「街ステーション」で、巨大塗り絵イベントを開催しました

〜親子で楽しむ巨大塗り絵イベント〜

180株式会社
ワンエイティー株式会社
2019年11月24日

アートと社会が触れ合うをコンセプトに、親子参加型で「巨大塗り絵イベント」をあべのハルカス近鉄本店コミュニティスペース「街ステーション」にて初開催いたしました。

 

今後も定期的にイベントを開催していく予定です。

▼ 縁活「街ステーション」

「縁活」は、市民活動団体やボランティア・地域の方々・百貨店・そしてお客さまが一緒になって、日々の暮らしや社会をちょっとよくする活動を、楽しみながら継続して行っていくプロジェクトです。

 

2013年6月13日の「あべのハルカス近鉄本店タワー館」オープンと同時に、本格的な活動が始まった国内百貨店初のチャレンジプログラムです。現在およそ300の市民活動団体と、およそ150名のボランティアが集まり、あべのハルカス近鉄本店の街ステーションを中心に、活動を始めています。

▼ WALL SHARE(ウォールシェア)概要

ウォールシェア

ウォールシェアは、今まで価値のなかった壁に経済価値を生み出すべく「ウォールアート広告」を創り、社会問題であった「落書き」を逆手にとり価値観を180度覆すシェアリングエコノミーサービスです。

 

アーティストと企業をマッチングすることでウォールアート広告を創り、新しい企業価値の発信を行うとともに、アーティストの雇用創出や発表の場の提供をめざします。また、アプリやウェブサイトでウォールアート広告と位置情報を発信し、国内外の観光客に「街の美術館」を巡るような体験を提供することで、地域活性・地方都市の観光化を図ります。壁に描かれるアートの背景や制作の過程なども発信し、プロモーション効果を高めます。

 

今まで価値の無かった壁から新しいアートを目掛けて人々がワクワクしながら足を運ぶきっかけを創り、持続可能な地方創生をめざします。